交通事故について

交通事故被害にあったときの流れ
事故の責任と過失割合
保険・・・自賠責保険、任意保険
示談と裁判
料金プランのご案内

交通事故被害にあったときの流れ


まずはあせらず治療に専念してください。
入院費や治療費は、示談交渉の前であっても請求が可能です。


示談交渉の前に、事故の被害による損害額を把握しておきましょう。
交渉相手は、相手側の保険会社の人、つまり示談のエキスパートです。
事前準備はしっかりして、書面のみの交渉も視野に入れておくと良いでしょう。


示談が成立したら示談書を作成します。
加害者と直接示談書を取り交わす場合は公正証書がよいでしょう。
後々支払いが滞ったときや示談書を破棄されたときなどに有効です

事故の責任と過失割合

交通事故の場合、加害者には事故の責任があります。

加害者責任には

刑事上の責任(法律違反に対する責任 業務上過失致死傷罪など) 
● 行政上の責任(交通違反に対する責任 免許の取消し・停止・減点、反則金など)
● 民事上の責任(民法709条に基づく責任 損害賠償を行う) があります。

被害者が加害者に対して直接追求できる責任は民事上の責任です。
加害者が賠償するのは、被害者に対する治療費や修理代、被害者が亡くなった場合は葬祭費用のほか、事故に合わなければ本来得られていたであろうはずの利益に対する損害や自賠責に対する請求なども支払う義務があります。
交通事故の場合、被害者が加害者に与えられた損害などの自賠責請求ができます。
加害者が第三者の車で事故を起こした場合、第三者に対しても請求を行えます。
また、会社所有の車で事故を起こした場合は、所有者である会社に対しても請求を行えます。

 過失割合

事故の際の両者の過失の程度を数字で表したものを過失割合といいます
交通事故は、被害者にも何らかの過失があることがほとんどです。その過失の程度に応じて公平に損害を負担します。損害賠償額を決定する際に被害者の過失割合に応じて、損害賠償額を減額します(これを過失相殺という)

保険・・・自賠責保険、任意保険

 自動車損害賠償責任保険

公道を走るすべての自動車やバイク(原付含む)に加入が義務づけられている「強制保険」です。交通事故の被害者が最低限の補償を受けられる、被害者救済を目的に国が始めた保険制度です。

 任意保険

自賠責保険(強制保険)以外の自動車保険のことを任意保険といいます。
自賠責保険でカバーしきれない損害は任意保険から支払われます。
任意保険には対人賠償、対物賠償、搭乗者傷害、自損事故、無保険車傷害保険(加害者が保険に未加入だった場合の保険)、車両保険(災害・盗難・事故などによる車の損害に関する保険)、人身傷害保険などがあります。

示談と裁判

 示談

示談とは当事者同士の話し合いにより損害賠償額を決定し、加害者側は支払いの約束をし、受け取る側はそれ以上の請求をしないという契約をすることです。
一度示談が成立してしまうとよほどのことがない限り取り消しできません。
示談が成立していると刑事上の責任が軽くなるため示談を迫ることがよくありますが、決してその場で判断せずじっくりと検討してください。慎重になりすぎて不利になることはありません。

 示談交渉の流れ

あるいは

  裁判と調停

裁判では各々の主張・意見を数回にわけて提示後、裁判官の判断により判決が下されます。
確定した判決は絶対的なものです。
しかし判決が下るまでには膨大な時間がかかるため、判決が下る前に和解をすることもあります。 和解した時は和解調書という書類が作られ、判決と同様の効力があります。

※請求額が60万円以下の場合は少額訴訟制度を利用できます。
少額訴訟制度は手続きも簡単で、申し立てたその日のうちに判決が下ります。

調停では調停委員を間にはさみ話し合いをします。
調停委員は双方の意見を聞いて妥協案を作成し、 当事者の合意よって紛争を解決へ導きます。
当事者の合意があれば調停調書という書類が作られ、やはり判決と同様の効力があります。


料金プランのご案内

標準的ご依頼内容を基準とした目安です。

自賠責保険請求30,000円 ~
交通事故手続き50,000円 ~