相続・遺言のご相談

相続でお悩みの方へ…

一生のうちにそう何度もあることではない、『相続』という問題・・・

『遺産相続』それは一部資産家だけのことではありません。
身近な方が亡くなった時、親しい人を失ったとき、誰しもに訪れる問題なのです。

遺産を誰にどう分けるのか。その時トラブルにならないために、今できることがあります。
  将来のための相続対策
  あなただけに書ける遺言書の作成
  もし万が一トラブルになってしまった場合の対策
  思わぬ不利益を防ぐためにどうすればいいか

相続について


人が死亡した時、失踪宣告を受けて死亡したものとみなされる時、認定死亡の時


死亡届(7日以内に市区町村長に死亡届を提出します)
その他、国民健康保険、国民年金、厚生年金、世帯主変更届など


公正証書による遺言を除く、自筆証書遺言・秘密証書遺言の場合は家庭裁判所の検認が必要

遺言について 詳細

被相続人と法定相続人の戸籍・除籍・改製原戸籍等により相続人の確認を行います。

相続人とは 詳細

土地や預貯金など全財産を調べ、債務も含めた財産目録を作成します。
(死亡保険金は受取が相続人の場合は遺産とみなされます)

創造財産の調査 詳細

相続人は相続による権利・義務を受け入れるか(承認)、拒絶するか(放棄)を選択することができます。
また、相続財産の範囲で債務を弁済するとの留保つきで受け入れる(限定承認)こともできます。(3ヶ月以内)

相続放棄、単純・限定放棄 詳細

相続人全員による話し合いにより、遺産分割協議書を作成します。
(相続人の中に未成年者がいる場合は、家庭裁判所に特別代理人の選任申立を行います)

遺産分割協議 詳細

遺産分割協議書に基づき、不動産所有権移転登記や預貯金の名義変更等を行います。


10ヶ月以内に相続税の申告を行います。

料金プランのご案内

標準的ご依頼内容を基準とした目安になります。

公正証書遺言
42,000円 ~
証人立会 1 名
10,000円
遺言書チエック
10,000円
遺産分割協議書
30,000円 ~

相続や遺言に関する不安や悩みを一人で抱える必要はありません。
あなたの街の法律家が、しっかりあなたをサポートします!